コンテンツへスキップ

事業内容

事業内容

講演会、研修会の実施


(主なテーマ)
・実践的幸福論
・自宅で大往生
・エンディングノートの書き方

 担当者:中村伸一

1963年生まれ。平成元年に自治医科大学を卒業。1991年に旧名田庄村(おおい町名田庄地区)に赴任し、同地区唯一の医療機関である国保名田庄診療所の所長となる。総合医として幅広い診療で人口約3000人の地域医療を支え、保健・医療・福祉の連携により旧名田庄村の老人医療費や第1号介護保険料を福井県内で最も低いランクに抑えることを実現した。また、赴任後から町村合併するまでの在宅死亡率は約4割であった。現在、日本専門医機構の総合診療専門医に関する委員会ワーキンググループの委員として、総合診療の新たな制度設計に関わっている。

著書:『自宅で大往生ー「ええ人生やった」と言うために』(中公新書ラクレ)
『寄りそ医ー支えあう住民と医師の物語ー』(KADOKAWA)
『サヨナラの準備』 (KADOKAWA)
テレビ・ラジオ出演:
・2011年、『プロフェッショナル仕事の流儀』(NHK)に出演

・2012年9月、『寄りそ医』を原案にした小池徹平主演の『ドロクター』(NHK-BSプレミアム)が放映
・2013年、『Nスタ』(TBS)に出演
・2016年から、『早川一光のばんざい人間』(KBS京都ラジオ)にゲストとして定期的に出演。


お問合せ



主なテーマ)
・高齢者の健康づくり
・糖尿病予防
・特定健康指導

 担当者:松井 浩

幅広い対象者への30年近くの指導経験をもとに、独自のユニークな指導法を確立し、糖尿病の運動療法やメタボ対策、介護予防、子供たちの健康運動教室、災害に備える危機管理教室などを全国各地で行ってきた。また、自身の病気や妻を亡くした経験からストレスマネージメントの重要性も痛感し、看護協会や救急救命財団東京研修所などで、心身が元気で前向きになるストレス対策プログラムも展開している。
・独立行政法人国立病院機構 京都医療センター臨床研究センター臨床研究企画運営部研究員
・財団法人救急振興財団 救急救命東京研修所救急救命士養成研修講師(ストレスマネジメント・運動学)
・日本肥満学会 生活習慣病改善指導士カリキュラム委員
「笑って、動いて、いのち大事に、もっと人間しましょう!」をモットーに講演会を通じて、「からだの素晴らしさ」、「健康の有難さ」、「命の尊さ」を伝えたく、精力的に活動中。
お問合せ


(主なテーマ)
・子どもの運動づくり
・子どもの体力向上

 担当者:辻 和哉

高校時代から陸上競技を始め、日本インターカレッジ出場、近畿選手権第3位が主な戦績。選手時代は怪我が多くて、独学でリハビリテーションを学ぶ。大学を卒業後は高校教員として陸上競技部の顧問、トレーナーとして選手を育成した。選手が全国優勝するなどの実績を評価され、阪神タイガース臨時トレーナー、世界ユース、世界ジュニア選手権日本代表トレーナー、ラグビー日本代表ヘッドトレーナー(2001~2002)を務める。専門学校教員、大学教員を経て健康・スポーツコンサルタント事業を始める。
Kakekko.Club   http://www.kakekko.club
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー

・日体育協会公認クラブマネージャー
・日本トレーニング指導者協会上級指導者
・中学・高等学校教諭免許状(保健体育)
・鍼灸師
・大阪体育大学 体育学部卒業
・大阪府立大学大学院経済学部経営学専攻修了(MBA取得)
お問合せ


指導者育成事業

健幸コーディネーターの育成
 心に響くコミュニケーションをベースにした健康づくりのプロフェッショナルを育成
します。プログラムの内容は医療・研究機関のエビデンスのある情報を元に全国各地
 で健幸コーディネーターとして活躍している松井 浩がプロディース・講師を担当を
いたします。

健幸運動コーディネーターの魅力
・全国各地で開催してきた健康づくりのメソッドを習得することができます。
・最新の健康に関する情報が入手できます。
・様々な医療関係者・施設とのネットワークが構築することができます。
・健康関連におけるニーズ分析等、経営戦略を習得することができます。

 健幸運動コーディネーターの活躍場面
・地域の健康づくりを担うことができます。
・企業の健康リーダーとして企業の活性化に貢献できます。
・健康運動施設で健康づくり・身体づくりをサポートすることができます。


プログラムの開発実施
・健康増進プログラム
・子どもの体力向上プログラム