コンテンツへスキップ

石田直子

全日本空輸株式会社、北海道テレビ放送株式会社勤務を経て、1991年より現職。

書籍を中心に、新聞コラム、雑誌などで自然・環境などをメインに幅広いテーマを扱い、
2005年より数年に渡り、東京大学社会科学研究所「希望学プロジェクト」にて、
オーラルヒストリー(口述歴史)を多数手掛ける。2011〜2014年、公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団による「ヘルスリサーチワークショップ」にて、世話人・幹事を務める。
以降、書籍の企画、プロデュースも手掛け、『医師アタマ(中公新書ラクレ)』尾藤誠司著、
『自宅で大往生(中公新書ラクレ)』中村伸一著、また、映像化を見据えた
『寄りそ医(KADOKAWA)』※1 中村伸一著など、医療関連の書籍出版なども行う。

※1 『寄りそ医』を原案として作成された、NHK BSプレミアムドラマ『ドロクター』(小池徹平主演)が2012年、2013年に放映。